第49回本公演

強化合宿!春

1月19日~20日にかけて、

お笑い劇団伊勢強化合宿 春 を開催しました。

今回の行先は恵那峡、雪もなく穏やかな天気でした。


~~感想~~


静香:5月公演に向けて、合宿一泊旅行にて、今年の初稽古があり、中味の濃い一泊二日となりました。

自分の中で課題をつくり、それに向けて、準備をして、師匠、劇団員の前で演技させてもらいました。

ワクをはずし、失敗を恐れず、コンビを組んだときの自分の役割り、色々、今後取り組むときに課題がいっぱいできました。

今年もまたがんばっていきます。笑いを生み出すことに向けて。


さわだ:今回の合宿はとても熱かった!

行きのバスの中で師匠からのお題を頂き、それを皆で考える!

ここからもう一体感は始まりました。”さすが師匠!”ここで「人を引き付けるとは」を学びました。

お題は5月公演のタイトルです。決まりましたよ!

早速チラシ、チケットの制作にかかります。

食事はバイキング、そこでも師匠の笑いに掛ける情熱を感じました。

普段の生活がすべて笑いなんだ!という実感を得ました。自分に足りていないところです。

今回も多くの反省を抱えギュッと中身が引き締まった合宿でした。


浪花:合宿の夜は、芸の披露。

事前に考えておいた一発ギャグやショートコントなどを見せました。

他には静香さんとコラボ×コントもやりました。

台本は僕が作らせていただきましたが、お互い楽しめる内容にはなったと思います。

任せていただいた静香さんに感謝。

今回、他の劇団員みんなとコラボしてネタを披露した静香さんと違って、そこまでの用意をしてこなかったことを反省しました。

次のために、もっと他の劇団員とコミットして、その人の生かし方を考え、やりたいことを聞いてどう具現化していくかも考え、ネタを作り、且つ自責の念を忘れずに取り組みたいと思います。

具体的には、コラボする劇団員×自分の組み合わせでしかやらないようなネタを今後も作ること。

マサイ族に「iPhoneの使い方くらいイマドキ日本の小学生でもマスターしてるよ! ここからネットにつなげて、はい、ここAmazonで動物捕獲用の網を落札して! あ、熱帯雨林のほうのアマゾンじゃなくて! バカか、おまえは。ほんで家に網が届いたらそれでライオンを捕まえるの。そのほうが安心でしょ? わかるよね?」って説くより「あっ、あのライオン捕まえてきてもらっていいですか?」って言ったほうが絶対早いです。

たぶん「ヤー!」って飛びかかって、すぐ捕まえちゃう。

つまりですね、マサイ族にiPhoneの使い方を説明するような愚策をとらないように気をつけたいと思います。

やるやらないはともかく、劇団員×全員分のコラボネタを考えてみます。

P.S.

ジェンガは難しい。


恵子:今回の合宿は初参加でした

劇団員同士での温泉地での食事

ネタ披露

とても自分自身タメになりました

なかでも精神統一ジェンカ!皆さん良い顔してました

五月公演もこの勢いで頑張りたいと思います

この合宿を企画して頂いた師匠に感謝です

丸亀:今回の合宿は、自分史上、最高で最強で濃厚で濃密なものだった。劇団員、一人一人の新しい一面?自分の知らなかった一面を見ることができた。積み上げたもの、ぶっ壊して、身に着けたもの取っ払って…あの時の僕ら、全力ではだかだった。そんな歌詞が頭の中で繰り返し流れる。5月公演は、これまで以上にお笑い劇団伊勢の歴史に残る舞台にしたいと思った。そして、振り返った時にこのプロセスを思いだして、きっとこう思うだろう。誰か一人でも(ピース)が欠けてたらこのパズルは完成しなかったかもしれないと。

 

白山:5月公演

土日限定出演予定

を未定している白山史郎です。

今回が合宿初参加でした。いかがなものだったのでしょうか。

ありがとうございました。


しおい:今回は前回の失敗をしないことと新たな課題を見つけることでした。

漠然としてるので公演までにははっきりさせたいと思います。

これからもよろしくお願いします。