第49回本公演

合宿旅行in南知多鯱亭

一月十五日(日)
南知多山海の鯱亭にて
雪が降る中ファンクラブの皆さん交えて合宿


伊勢元気

ファンクラブの皆様
合宿参加ありがとう

次回合宿は7月   8月に予定してます

劇団員にとって 
絶対に必要な時間なので
忙しいと思いますけど・・・

お笑い劇団伊勢の為に一人でも多く
参加して頂ければ幸いです・・・



劇団員感想
静香
合宿旅行の感想 反省!
積雪の中、シャチ亭一泊旅行行ってきました。
講談はまだまだ、
笑いに持っていくにはまだまだ!
あと二週間、頑張ります。
 
さわだ
感謝感謝で芸のびる~♪
雪が眩しく、いつも見られない光景を見ることができ、この雪のように白く
そして輝きたいと思った。
セントレアがなぜか楽しかった・・・

浪華
思わぬ突然の降雪でお足元の悪いなか、そして各々方のご都合のあるなかでファンクラブの方、合宿のご参加ありがとうございました。
また、今回は来られなかった皆々様も、いつも劇団に関わりご助力をいただき感謝しております。
目の前を伊勢湾に面した旅館の部屋の窓から見える海の寄せては返す白波に一つとして同じものがないように、今日この時は二度とないものだと思います。
雲間から差し込む朝陽に照らされた水面の輝きに目を奪われ、冬の空を海鳥のつがいが仲睦まじく飛ぶ様子に心を奪われる、そんな絶好のロケーションを背にしながら、一晩中も語り合うという良き合宿でございました。

 

劇団員はネタを見せる機会ももらいまして、様々な趣向を凝らした演出をそれぞれが考えてきました。

自分自身に不甲斐なさを感じることが多々あったのは確かですが、それは裏返せば、まだまだ成長の余地があるということでしょう。

 

暖かい目で見守るのであれ、生暖かい目で見るのであれ「こいつ若いのにハゲてんなー」であれ、もうどんな目線であれ見てくださるお客様がいての僕らです。

これからも何卒よろしくお願い致します。

合掌

 

P.S. 知多半島の冬景色にクロード・モネの「アルジャントゥイユの雪」を思い出しました。

ステキな絵なので是非観てみてください。

 
宇治
雪の降る中の合宿旅行感想
五月公演に向けて
持ちネタ披露しました
トップにやらせて頂きました
テンポ・間
しっかりと観客の気持ちを掴む
意識!意識!
今年は年女です飛躍の年です
 
 
丸亀
今回の合宿におきましては、
事前に自分自身のテーマを決めて
参加したのは初めての試みでした。
今回が一番、自分らしさを出せたのではないかと思います。
とは言え、まだまだ。
中途半端で消化不良を感じたのも、
事実。もっと話す事や、
自分を出せたのではないか?
と得意の下衆の後知恵が
生まれる次第でございます。
しかし、私のような人間は、
考えるより、まずは、行動して、
体か?頭?で感じなければいけないと気付いたのであります!
今年は、とにかく、意識して行動して病的に自分のやりたい、
お笑いを追求してゆく所存です。
お忙しい中、参加して頂いたファンクラブの方、
ありがとうございました。
本年も、何卒、よろしくお願い致します。